糖尿病治療薬.comの2月記事一覧

心臓バイパス手術は重篤な心疾患を負ってしまった際にしばしば実施される手術であり、心筋梗塞や重篤な狭心症の際に実施されます。心臓バイパス手術として最も典型的なのは冠動脈バイパス手術であり、高い技術力が必要な手術として知られています。しかし、心筋梗塞や狭心症などに苦しむ患者数が多くなっていることも受けて研修会も頻繁に実施されるようになりました。また、執刀数が多い医師も多くなり、その成功率も向上してきています。9割以上の成功率があるというのは当然となってきており、研修会の効果もあって術後の対応も良好なものとなってきているのが現状です。しかし、心臓バイパス手術は血液のポンプである心臓の動きを一時的に止めることになってしまうことからハイリスクな手術であるということが事実であり、患者の容態によっては困難を極める場合もあります。特に気をつけてなければならないケースというのも研修会ではよく報告されており、その中にあげられる例の一つが糖尿病患者の心臓バイパス手術です。しかし、心疾患を患って心臓バイパス手術を受ける患者の多くが基礎疾患を持っているものであり、糖尿病患者であるというケースは決して稀ではありません。しかし、出血が止まりにくくなりがちであるといったハイリスクの手術になるということは他の患者の手術に比べると明らかであり、糖尿病患者の手術の際にはより配慮が必要であるということが注意喚起されています。実際にはそういった患者の執刀を行った経験が多い医師が多いのが事実であり、糖尿病患者であるということがそれほど心臓バイパス手術に大きな影響を与えることがないのが現状となっていることは患者として留意しておくべきでしょう。